<< 「外部保存通知」の改正を通知―厚労省(医療介護CBニュース) | main | 建築設計会社社長ら逮捕=3000万円脱税容疑−名古屋地検(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<もんじゅ>再開容認へ 「安全性確認検討会」評価書案審議(毎日新聞)

 95年のナトリウム漏れ事故以来、停止している高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、経済産業省原子力安全・保安院は10日、「試運転再開に必要な取り組みが適切になされている」とする安全性評価書案をまとめた。同日開かれた専門家による「もんじゅ安全性確認検討会」が審議し、もんじゅの再開が容認される見込みだ。しかし、運転再開には、同県などが国による耐震安全性評価も求めており、再開時期はなお未定だ。

 ナトリウム漏れは試運転中に発生。旧科学技術庁は98年、動力炉・核燃料開発事業団(現・日本原子力研究開発機構)に設備改善など31項目を求めた。この対応状況を保安院が検査。「改善が適切に行われ設備の健全性が維持されている」と評価した。

 また、ナトリウム漏れ検出器の誤警報への対応遅れや屋外排気ダクトの腐食など、08年に相次いで判明した保守体制や組織風土の問題も「改善が進んでいる」とした。保安院は今後、最終確認の立ち入り検査を原子炉起動前に行う。

 同機構は今年度中の再開を目指し、段階的に出力を上げる約3年間の試運転(性能試験)を経て12年度末から本格運転に入る計画。しかし、国の耐震評価は3月以降にずれ込むとみられる。【山田大輔】

【関連ニュース】
もんじゅ:機器不具合、違反度最低の「監視」−−保安院指摘 /福井
もんじゅ:反対する県内外の市民団体、敦賀で街宣活動 /福井
クラス対抗討論会:「もんじゅ」の是非議題に−−小浜・若狭高 /福井
もんじゅ:「再開への品質整備」 保安院が骨子案まとめる /福井
もんじゅ:原子力安全委・鈴木委員長、きょう初視察 再開判断へ /福井

「橋下党」今春にも結成…大阪府市再編支援(読売新聞)
<五輪招致委>敗因は「日本人トップの競技団体なく」(毎日新聞)
ブロンズ像に94億円! ジャコメッティの作品、史上最高額で落札(産経新聞)
免許取り立て、納車の翌日…車、コンビニに車突っ込む(産経新聞)
東京裁判の評価で対立=非公表の「戦後史」−日中歴史研究(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • 00:04
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
探偵
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
探偵事務所
クレジットカードのショッピング枠を現金化
パチンコ攻略
無料ホームページ
アフィリエイト ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM