<< <バレンタイン>チョコの収益でイラクの子ども支援 函館(毎日新聞) | main | 参院予算委 長妻氏が新語提案、「イクメン」「カジメン」(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「なぜこれだけ時間かかったのか」明石歩道橋事故の遺族(産経新聞)

 4度の不起訴の末、元副署長は新制度に基づき、全国で初めて「強制起訴」されることになった。兵庫県明石市で平成13年に起きた花火大会事故。神戸第2検察審査会は27日、検察が認めなかった元副署長の過失を認め、改めて「起訴相当」の議決を出した。「市民の常識からみれば当たり前の判断」。事故で二男の智仁ちゃん=当時(2)=を亡くした下村誠治さん(51)は、淡々とした表情で語った。

 昨年5月の改正検察審査会法施行を「待って待って迎えた」という下村さんら遺族。同7月、元副署長に対する審査会の3度目の「起訴相当」議決に対しても、検察は10月に4度目の不起訴とした。今回、やっと法的強制力を持つ起訴議決となったが、下村さんは「なぜこれだけ時間がかかったのかという思いがある。検察と被害者がこういう関係になるのは異例だ」と不信感をあらわにした。

 今回の議決については「ずっと訴えてきたことがそのまま反映されたような、遺族にとり100点満点の議決」と評価。さらに「今の検察ではこういう判断ができないなら、法に問題があるのではないか。検察側の司法改革も遺族にとって少しでも前進するように歩んでいきたい」と今後の展開に期待をにじませた。

【関連記事】
明石歩道橋事故 検察官が意見陳述 元副署長の処分 近く議決
明石歩道橋事故 遺族会が検察審に意見陳述要請へ
4度目不起訴で神戸地検が遺族らに説明会 兵庫県明石歩道橋事故 
明石歩道橋事故 元副署長4度目不起訴へ
3度目の起訴相当 明石歩道橋事故遺族が地検に要請書

民主議連の緊急提言、「十分検討」―足立政務官(医療介護CBニュース)
小沢幹事長、聴取後に会見 「不正な金受け取っていない」(J-CASTニュース)
陸山会 小沢氏団体から13億円 04〜05年不記載(毎日新聞)
<新一筆啓上賞>入賞作品決まる(毎日新聞)
トレーラー、商店に突っ込む…2年前も近くで(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • 16:31
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント

チチコスの子の乳をちちくりまくったぞw
したら割れ目からすっげぇ気がいっぱい溢れてきたから、
オラの元気玉をトコトンぶっぱなしてやったぞ!!!!

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
探偵
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
探偵事務所
クレジットカードのショッピング枠を現金化
パチンコ攻略
無料ホームページ
アフィリエイト ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM